PR
PR

日テレ「スッキリ」BPO人権委が審理へ 番組で問題視のペットサロンが名誉侵害主張

 放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会は22日までに、ペットサロンに預けられた犬がシャンプー後に死んだ問題を扱った日本テレビの情報番組「スッキリ」を審理すると決めた。ペットサロンの経営者が名誉を侵害されたと申し立てた。

 人権委によると、昨年1月に放送された番組は、犬の飼い主や従業員ら複数の関係者の証言を基に構成。「独自 愛犬急死“押さえつけシャンプー”ペットサロン従業員ら証言」と字幕を表示し、経営者に関する発言を紹介した。

 経営者は「事実に反する放送」などと主張。日本テレビは「事前に十分な取材を行っている」などと反論しているという。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る