PR
PR

上ノ国町、出生祝い金1人当たり50万円 補正予算案を可決

[PR]

 【上ノ国】町は子どもが生まれた町内の世帯に、1人当たり現金50万円を給付する独自の出生祝い金制度を創設した。少子化が進む中、子育て世帯の経済的負担を軽減し、出産を後押しするのが狙い。21日開会の定例町議会は、事業費750万円を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を可決した。

 出生祝い金の対象は、今年4月1日以降に子どもが生まれ、誕生翌日から60日間継続して住民票を置いている世帯。出生届と一緒に申請書を提出すると指定口座に振り込まれる。双子の誕生や2人目以降も1人当たり同額を支給する。財源は町子育て支援対策基金を活用する。

残り:140文字 全文:432文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒全町民に1万円 上ノ国町、物価高騰で独自給付

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る