PR
PR

帯広死体遺棄 元同僚殺害容疑で22日にも再逮捕へ 教諭「車に隠し」出勤

[PR]

 【帯広】帯広市内の雑木林に女性の遺体を埋めたとして、死体遺棄の疑いで逮捕された帯広市西15南1、帯広農業高教諭片桐朱璃(しゅり)容疑者(35)が「女性を車の中で殺害した後、車両後部に遺体を隠した」などと供述をしていることが21日、捜査関係者への取材で分かった。帯広署は同容疑者が女性を殺害後、遺体を車に隠して出勤していたとみている。同署は同容疑者を勾留期限の22日にも殺人の疑いで再逮捕する。

残り:282文字 全文:587文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒「車の中で殺した」 死体遺棄容疑の帯広農高教諭供述
⇒「子ども思いな人だった」 被害者の関係者に驚きと悲しみ 帯広の死体遺棄事件
⇒憩いの公園で起きた死体遺棄 「恐ろしい」住民動揺 住宅街からほど近く 帯広

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る