PR
PR

深川の住宅街にクマ足跡 同じ成獣?妹背牛の水田でも

 【深川、妹背牛】21日午前6時30分ごろ、自動車販売店や住宅が並ぶ深川市北光町の国道233号付近でヒグマの足跡が見つかった。足跡は歩道や農機具販売店の敷地内などを通過していた。市と深川署は付近でチラシを配り注意を呼び掛け、市教委は小中学校の下校時に見守りとパトロールをして警戒した。

 足跡の大きさは23センチで、地元猟友会によると5歳ほどの成獣とみられる。人や農作物への被害はなかった。

残り:206文字 全文:507文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒迷いグマ?深川の畑に足跡 川に挟まれ、山林ない平野部になぜ
⇒<デジタル発>ヒグマの「背こすり」って何? 映像が捉えたその生態
⇒列車とヒグマ、衝突・発見最多68件 21年度 撤去に「熊キャッチャー」活用

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る