PR
PR

知床の観光船事故 発生2カ月を前に道警が集中捜索

 オホーツク管内斜里町の知床半島沖で乗客乗員26人が乗った小型観光船「KAZU 1(カズワン)」(19トン)が沈没した事故で、道警は21日、行方不明となっている12人の集中捜索を始めた。事故発生から2カ月となる23日まで、根室半島周辺まで範囲を広げ、人員を集中投入して捜索を続ける。

 道警によると、捜索は40人態勢で、船2隻とヘリ1機を投入して海上と陸上で実施した。知床半島や野付半島のほか、根室半島の納沙布岬周辺まで範囲を拡大して行った。

残り:179文字 全文:399文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る