PR
PR

「賞状」で自殺社員を会社が侮辱 青森県の住宅会社をパワハラで提訴

 青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=2018年に自殺=に、賞状を模し侮辱する内容の書面を渡していたことが、遺族側への取材で分かった。遺族は20日、パワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8千万円の損害賠償を求め、青森地裁に提訴した。会社側は「表彰の一環」と説明している。

 原告側によると、関係会社も参加した18年1月の新年会で、男性は課長が作った「症状」と題した書面を渡された。「今まで大した成績を残さず、あーあって感じ」「陰で努力し、あまり頑張ってない様に見えてやはり頑張ってない」などと書かれていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒ハラスメント根絶条例可決 福岡県議会、都道府県で初
⇒映画界の労働改善へ新団体 是枝監督ら有志立ち上げ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る