PR
PR

28日に王位戦開幕 森内俊之九段×佐々木大地七段 展望対談

 28日開幕の藤井聡太王位(19)=竜王、叡王、王将、棋聖=に豊島将之九段(32)が挑む「お~いお茶杯第63期王位戦」(北海道新聞社など新聞三社連合主催、伊藤園特別協賛)7番勝負。昨年、三つのタイトル戦で対局した2人が再び激突する。永世名人の資格を持つ森内俊之九段(51)と、このところ王位リーグの常連となっている佐々木大地七段(27)に7番勝負の展望を語ってもらった。

森 内九段 接近戦に持ち込みたい豊島

佐々木七段 複雑な局面を読み切る藤井

 ――昨年と同じ顔触れの7番勝負になる。

 佐々木 豊島九段は激しい変化にも飛び込みますし、研究のストックも豊富。特に先手の場合、角換わりが多くなるのではないでしょうか。藤井王位は後手番では、局面を無理に良くしようとせず、自然体に構えます。得手不得手がないので、先手だと相掛かり中心と予想しますが、自分が指してみたい形をぶつけてくることになりそうです。

対談する森内俊之九段(左)と、佐々木大地七段
対談する森内俊之九段(左)と、佐々木大地七段


 森内 豊島九段の方が序盤に重きを置いています。詳しい形に誘導しリードを奪う意識が強いですね。藤井王位は、豊島九段の研究範囲まで互角を維持したいと考えているはず。藤井王位には際だった終盤力があるので、序盤で無理をしなくて良いのが強みです。

 佐々木 豊島九段から序盤の工夫が出ることになりそうですね。持ち時間を生かし、かなり深いところまで読みあって、ねじり合いになる中盤戦へ進むことが予想されます。

 ――両対局者は、鋭い終盤力も特徴。

残り:783文字 全文:1430文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
再び両雄 7番勝負 おーいお茶杯第63期王位戦 28日開幕

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る