PR
PR

旭川の住宅街に子グマ2頭 住民不安、市は外出時の注意呼び掛け

 19日夜、旭川市神居町富沢付近の住宅街で子グマ2頭が目撃され、付近の住民から不安の声が上がった。茂みなどにクマが隠れている可能性があり、市は看板を設置したり、ホームページで現場の地図を載せたりして、十分注意するよう呼び掛けている。

 旭川中央署などによると、同日午後8時50分ごろ、現場を車で通りかかった人が2頭を目撃し、110番した。2頭とも体長50~60センチとみられる。伊ノ沢市民スキー場付近から住宅街方向に道路を横断したという。250メートルほど離れた位置には幼稚園があり、約500メートル先に中学校がある。けが人はいなかった。

残り:341文字 全文:728文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒クマ、住宅街近くでなぜ繁殖? 札幌・三角山 生態に詳しい職員が襲われたわけは…
⇒シカ・クマ駆除に深刻な弾不足 猟銃用銅弾、入荷半年待ちも 背景に米の治安悪化
⇒ヒグマの市街地出没、3類型で対策 若い雄/老練な成獣/子育てする母

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る