PR
PR

道訴訟原告ら「尊厳の理解欠如」 大阪地裁、同性婚「合憲」判決

 大阪地裁判決を受け、北海道訴訟の原告や弁護団は落胆をあらわにした。

 「これ以上に最悪な判決はない」。北海道訴訟弁護団の加藤丈晴弁護士(札幌)は憤りを隠さない。議論が尽くされていないことなどを理由に違憲性を否定した判決内容について「人権や、個人の尊厳の問題だという基本的な理解が欠けている」と切り捨てた。

残り:190文字 全文:342文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る