PR
PR

炊飯器で作る中華おこわ・パエリア ホクレン、道産米使い開発

 新型コロナウイルス禍の影響などで低迷が続くコメの消費拡大につなげようと、ホクレンは道産米を使った「中華おこわ」と「パエリア」の調理用セットを発売した。炊飯器に入れて炊くだけの手軽さをPRし、若い世代などのコメ離れを食い止める狙い。

 それぞれレトルト具材と無洗米がセット。パエリアは「きらら397」を使い、アサリやイカなどのシーフード味で、サフランを使った本格的な風味が特徴。おこわは「はくちょうもち」を使い、鶏肉やタケノコなどをオイスターソースで味付け。1日から道内スーパーなどで販売している。

残り:125文字 全文:373文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る