PR
PR

新千歳空港で水素の利活用検討 燃料や熱需要… 北電など6社、NEDOの調査事業受託

[PR]

 北海道電力や北海道エアポート(HAP、千歳)など道内外の6社は20日、新千歳空港とその周辺エリアで本年度、水素の利活用に関する実現可能性を探る調査を行うと発表した。空港内を走るバスや業務用車両の燃料、ターミナルビルなどでの熱需要に水素を使えるかどうかを検討する。

 北電とHAPに加え、三菱商事、三菱総合研究所、建設機械レンタル大手のレンタルのニッケン、東芝エネルギーシステムズが新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の調査事業を共同受託した。

残り:310文字 全文:536文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る