速報
PR
PR

景気「持ち直し」維持 6月月例報告 「コロナ」記載、先行き懸念からも削除

 政府は20日発表した6月の月例経済報告で、国内の景気判断を「持ち直しの動きがみられる」とし、2カ月連続で据え置いた。新型コロナウイルスの影響に関する文言は5月に景気判断から外したのに続き、今回は先行きの懸念材料としても記さなかった。感染拡大が落ち着いていることを踏まえた。コロナ関連の文言を先行きのリスク要因からもなくすのは、2020年1月以来2年5カ月ぶり。

 個別項目では、内需の柱である個人消費について「持ち直しの動きがみられる」との判断を維持。外食や旅行などのサービス消費が回復しつつあることを考慮した。消費者物価は「このところ上昇している」に据え置いた。内閣府幹部は物価上昇に関し「消費全体で強い影響は出ていないが、注意が必要」としている。

残り:186文字 全文:511文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る