PR
PR

JR札幌駅で車両不具合 列車3本運休 370人影響

[PR]

 19日午前9時半ごろ、札幌市北区のJR札幌駅構内で、札幌発岩見沢行きの普通列車に予定だった回送列車(3両編成)で、電気回路のブレーカーが落ちる不具合が発生した。JR北海道は車両点検のため、この列車を含む普通列車3本を運休または部分運休し、約370人に影響が出た。

【関連記事】
⇒JR学園都市線で普通列車4本運休
⇒JR函館線の車両でドア不具合 900人に影響
⇒JR北海道、大雪対策に31億円 除雪車両更新など 業務改善策最終報告

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る