PR
PR

コンサドーレ、2度のリードふい 監督「自分たちで試合壊した」(18日)

 札幌は2度のリードを守り切ることができず、3連敗を喫した。ペトロビッチ監督は「後半40分までは素晴らしいゲームができていたが、最後に自分たちでひっくり返し、試合を壊してしまった」と嘆いた。

 残り5分までは2―2で互角の攻防を見せていた。前半28分に青木が先制点、後半21分には右CKから荒野がヘディングシュートを決めて2度リードを奪った。そのたびに川崎に追い付かれたが、指揮官は「前からプレスを掛けてボールを奪うなど、選手はいいゲームを見せてくれた」と川崎相手に戦った選手たちをたたえた。

残り:516文字 全文:834文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒コンサドーレ逆転負けで3連敗 川崎に2―5
⇒「チャナのように活躍」 コンサドーレ、スパチョーク入団会見
⇒不屈の小野 J最年長出場4位

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る