PR
PR

バドミントン・コンサ4強逃す JR北海道も 全日本実業団選手権

 バドミントン全日本実業団選手権は第4日の18日、丸善インテックアリーナ大阪で男女の決勝トーナメントを行い、男子のコンサドーレは準々決勝でトナミ運輸(富山)に、JR北海道はBIPROGY(東京)にいずれも0―3で敗れ、4強入りを逃した。

■コンサ新人・辻の粘りが収穫

 4強の壁は高かった。男子のコンサドーレは、2019年の前回大会に続き、強豪トナミ運輸に阻まれた。吉田監督は「出足が悪かった。もうちょっとできたはず」と悔しさをにじませた。

残り:277文字 全文:495文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る