PR
PR

ペコちゃんの縁 大切に 不二家と八雲町が協定 17日、ご当地ミルキー発売

 【八雲】町と大手洋菓子メーカー「不二家」(東京)は17日、包括連携協定を締結した。地域資源を生かした物産開発や観光振興が狙い。同社の人気キャラクター「ペコちゃん」のモデルは町内牧場の一人娘との“伝説”をきっかけに、両者はこれまでご当地「ミルキー」や「カントリーマアム」の商品企画、販売などで協力してきた。同社によると自治体との協定は全国で3例目。

 締結式は同社と町、新函館農協などが出資し設立した青年舎が運営する酪農研修牧場「大関(だいかん)牧場」(上八雲)で行われた。協定には食や観光を通じた地域振興や情報発信など、4項目を盛り込んだ。

残り:473文字 全文:743文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る