PR
PR

次は2532年!いま太陽系7惑星が大集合 6月25、26日は月も共演

 【名寄】6月中旬から下旬まで地球を除く太陽系の全7惑星が夜明け前の東から南の空に勢ぞろいしている。一番の見ごろは25、26の両日未明。全惑星が北海道の夜空に大集合するのは今世紀では最初で最後とあって、なよろ市立天文台は「惑星が一直線に並んで輝いており、太陽系の形を実感できる絶好の機会」と観察を呼び掛けている。

 今年4月以降、夜明け前の空に金星、火星、木星、土星が並び、6月中旬から水星と天王星、海王星も仲間入りした。一番の見ごろとなる25、26の両日には月も加わり、全惑星と月が夜空で共演する。

 天王星と海王星を観察するには望遠鏡か双眼鏡が必要。水星も東の方角が開けた場所でないと見えづらいものの、他の惑星は肉眼でもよく見える。

 同天文台によると、太陽と地球の間を公転する水星と金星と、地球の外側を公転する火星と木星、土星、天王星、海王星を北海道の夜空で条件良く一気に観察できるのは40年ぶり。次に全惑星集合の観察機会が訪れるのは2532年。今回のように全惑星に加えて月も一緒に眺められるのは3032年になるという。

残り:177文字 全文:725文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒りゅうぐうの砂「化学組成」太陽と同じ 北大などの研究チーム
⇒暗闇の宇宙、感じた死 野口聡一さん、キャリア振り返る
⇒次の10年、天王星探査へ 米科学アカデミーが戦略

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る