速報
PR
PR

4月道内個人消費持ち直し 9カ月ぶり上方修正 百貨店は前年比13%増

 北海道経済産業局が16日発表した4月の道内百貨店・スーパー販売額(速報値)は、前年同月比2・6%増の799億9100万円と2カ月連続で前年を上回った。新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置が3月下旬に解除されて以降、人出の回復が続き、購買や消費につながった。

 百貨店は13・1%増の122億1400万円と2カ月連続で前年を超えた。特に春物衣料が好調だった。スーパーは食品の値上げやタマネギを中心とした野菜の高騰が販売額を押し上げ、0・9%増の677億7600万円と3カ月連続で前年を上回った。

残り:270文字 全文:562文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒<宇野沢デジタル委員が読み解く>一覧へ
⇒<データ@ほっかいどう>一覧へ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る