PR
PR

<札幌アーカイブス1922-2022>㉑毛利さん 宇宙へ旅立ち(1992年9月13日)

▽1992年9月13日夕刊1面=「毛利さん、宇宙へ旅立ち-12日午後11時23分、米シャトル打ち上げ成功。日本人で初の搭乗。7日間滞在、34の実験」

 道産子宇宙飛行士、毛利衛さん(44)=後志管内余市町出身、元北大助教授=ら七人を乗せた米スペースシャトル「エンデバー」が十二日午前十時二十三分(日本時間同日午後十一時二十三分)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、約一時間後に予定通り、地球を一時間半で周回する高度約三百キロの円軌道に達した。日本人初の宇宙飛行は一昨年十二月、東京放送(TBS)の秋山豊寛さんに先を越されたが、毛利さんは一週間の飛行中に日本提案の本格的宇宙実験「ふわっと92」を行う計画で、わが国は今後の国際宇宙基地計画など有人宇宙利用時代に向けて記念すべき第一歩を踏み出した。


 日本人で初めて米国のスペースシャトルに搭乗し、宇宙に滞在した元北大助教授の毛利衛さん=後志管内余市町出身=。この日の夕刊1面は打ち上げの成功を速報し、「国際宇宙基地計画など有人宇宙利用時代に向けて記念すべき第一歩を踏み出した」とたたえた。

残り:253文字 全文:728文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る