PR
PR

妊婦健診の導入を検討 えざか産婦人科が開業 苫小牧

 市内新開町4に、新たに「えざか産婦人科」(江坂嘉昭院長)がオープンした。出生率(人口千人当たりの出生数)が道内の市でトップクラスの苫小牧だが、現在、分娩(ぶんべん)に対応する市内の医療機関は市立病院と王子総合病院のみ。同産婦人科は分娩は行わないものの、妊婦健診の導入を検討しており、「両病院の負担を軽減し、苫小牧の周産期医療に貢献したい」(江坂院長)としている。

 北海道保健統計年報によると、2019年の苫小牧市の出生率は6・8と、人口10万人以上の道内9市では帯広と並んでトップ。しかし、市内では民間の医療機関2カ所が、一昨年と昨年にそれぞれ分娩の受け入れを休止した。妊婦健診が可能な医療機関は市立と王子の両病院を含む5カ所で、関係者からは「(市立と王子の)負担軽減が課題」との指摘も出ている。

残り:221文字 全文:570文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る