PR
PR

在沖米軍トップ「自衛隊と連携」 対中念頭、先島での訓練に意欲

 在沖縄米軍トップのジェームズ・ビアマン沖縄地域調整官(中将)が15日までに、沖縄県うるま市で共同通信の単独インタビューに応じた。日本周辺で活動を活発化させる中国を念頭に、先島諸島を含む沖縄の新たな場所での訓練に意欲を示し「自衛隊と緊密に連携している」と強調した。

 また「日米同盟は地域の抑止力の基盤」として「信頼できる軍事力があるというメッセージを中国に持続的に送っている」とも語った。

 米海兵隊の幹部は4月、石垣市の防災訓練を視察。米海兵隊は近年、小規模部隊を離島に分散展開させ、偵察や攻撃の拠点とする「遠征前方基地作戦」の練度向上を図っている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る