PR
PR

音で感じる北海道の鉄道 「鉄子の音旅」お聴きいただけると幸いです<矢野直美 いつも旅日和>

たくさんのガラスランプで彩られた小樽駅。幼少期を小樽で過ごした名優石原裕次郎さんにちなみ、4番ホームは「裕次郎ホーム」の愛称がつけられています。数字の「4」はヨットの形
たくさんのガラスランプで彩られた小樽駅。幼少期を小樽で過ごした名優石原裕次郎さんにちなみ、4番ホームは「裕次郎ホーム」の愛称がつけられています。数字の「4」はヨットの形


 今年は鉄道開業150周年です。

 1872年(明治5年)、新橋-横浜(現桜木町)間に国内初の鉄道が誕生しました。煙を上げて走る漆黒の機関車に、当時の人々は大変驚いたと言われます。1874年(明治7年)には大阪-神戸間にも路線が開通。さらに1880年(明治13年)、小樽(手宮)-札幌間に「官営幌内鉄道」が開業します。日本で3番目の鉄道は北海道にできたのです。

 幌内鉄道は、幌内炭鉱(三笠)から掘り出した石炭を小樽の港へ運ぶため計画されました。まず手宮-札幌間が開通し、2年後には幌内まで全通しました。

 しかしながら時代の変化を受け、手宮-南小樽間(手宮線)が1985年(昭和60年)に廃止。幌内線(岩見沢-幾春別、幌内)も87年、国鉄分割民営化に伴い廃線となりました(幌内炭鉱は89年閉山)。遊歩道となった手宮線跡地(小樽)や観光施設「三笠鉄道村」が、幌内鉄道の存在を今に伝えています。

 北海道の鉄道は、時代とともに変わり続けています。数多くのロ-カル線が廃線となりました。一方では、青函トンネルや北海道新幹線の開業といった出来事もありました。新たな車両が生まれる影で、往年の名車両が引退。人口減少で駅の廃止も相次いでいます。沿線の風景や鉄道利用者の暮らしも変わりました。

 時代とともに移り変わる鉄道風景を、写真と文章だけではなく、「音」で記録することによって、その情景を楽しみ、後世でも鮮やかに思い浮かべられるようになれば素晴らしい。

 そのような思いを込めて、先日、音を感じる旅に出かけました。日本で3番目、北海道では初の鉄路となった幌内鉄道ゆかりのJR函館本線・小樽-銭函間です。

残り:116文字 全文:1091文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
矢野直美「いつも旅日和」バックナンバー
西村京太郎、山村美紗そして渡辺淳一 ライラックが呼び起こす旅の記憶
春の塩狩駅「一目千本桜」に会いたくて
さよなら、ありがとう、キハ283系 ダイヤ改正 別れと出会いの根室本線
手袋を「はく」のは道民だけ?冬の北海道、愛すべき言葉と景色たち



番組概要/時代と共に移り変わる鉄道風景や皆さんの想い出の場所を、写真と文章だけではなく、「音」を記録することで、その情景を鮮やかに思い浮かべていただけたら素晴らしいと思い企画したものです。 語り:鉄道フォトライタ-【元祖鉄子】矢野直美 / ナレ-ション:フリ-アナウンサ-猪飼雄一

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る