PR
PR

北海道内ガソリン2週連続上昇169・6円 来週はさらに値上がりも

[PR]

 経済産業省は15日、ガソリンなど燃油価格の上昇を抑えるために支給している石油元売り会社への補助金を、現在の1リットル当たり38円80銭から41円40銭に増額すると発表した。支給額が40円台となるのは初めて。16日から適用する。原油価格の高騰や円安の影響で、来週のガソリン価格はさらに値上がりが予想される。

 経産省が15日発表した今月13日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの道内平均小売価格は、前週から80銭高い169円60銭。全国平均は1円40銭高い171円20銭で、いずれも2週連続の値上がり。補助金額は1リットル当たり38円80銭で、経産省は39円40銭分の価格抑制効果があったとしている。

残り:201文字 全文:570文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒<宇野沢デジタル委員が読み解く>一覧へ
⇒<データ@ほっかいどう>一覧へ
⇒北海道内のレギュラーガソリンと灯油配達価格の推移

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る