PR
PR

五郎さん「お墓」建立始まる 「北の国から」40周年事業 全道からボランティア参加

 【富良野】テレビドラマ「北の国から」の主人公・黒板五郎役を演じ、昨年3月に亡くなった田中邦衛さんをしのんで、富良野市東麓郷のロケセット「五郎の石の家」の隣で13日、ボランティアによる五郎のモニュメント作成が始まった。ドラマの脚本を書いた倉本聰さんの直筆の言葉を記した二つの石碑を設置し、23日にお披露目する。

 モニュメント作成は、田中さんの一周忌を迎えた今年3月、倉本さんが「けじめをつけるためにも(田中さんが演じた)五郎さんの墓を作りたい」と述べたのを受けて決まった。

残り:433文字 全文:767文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒田中邦衛さん一周忌 富良野で式典 倉本聰さん「死んだ気しない」
⇒「五郎さんの姿、浮かぶ」 田中邦衛さん一周忌、富良野に献花台
⇒五郎さん、モニュメントで追悼 「北の国から」40周年事業

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る