PR
PR

武力攻撃想定した共同訓練を要望 陸自北部方面総監

 陸上自衛隊北部方面総監の沖邑佳彦陸将(57)は9日、札幌市内で開かれた道防災会議で、外国からの武力攻撃を想定した国民保護訓練の共同実施を道や関係機関に要望した。

残り:211文字 全文:292文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る