PR
PR

国立函館病院で4回目接種開始 60歳以上の医療従事者

 国立病院機構函館病院(函館市川原町)は8日、医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を始めた。同病院によると、函館市内の医療機関では最も早いという。

 この日は岩代望院長ら職員5名が4回目の接種を受けた。ワクチンはモデルナ製で、職員の中野彰八さん(63)は「まだ感染が広がっている状況で、自分や周囲の人のためにも、接種できて安心した」と話した。

残り:223文字 全文:402文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る