PR
PR

<宇野沢デジタル委員が読み解く>札幌の夜景、全国2位 「日本三大夜景」の函館は…

 北海道も少しずつ暖かい日が増えてきて、夜にぶらりと散歩しやすくなってきました。夜の街は昼間とは違った姿を見せてくれます。無数の光が織りなすロマンチックな夜景は、旅先だけでなく、いつも住んでいる街の魅力をまた再確認させてくれます。

 7年前、初めて札幌に移り住んだとき、旭山記念公園から見えた札幌の街の夜景は圧巻でした。

旭山記念公園から見た札幌市の夜景(札幌市提供)
旭山記念公園から見た札幌市の夜景(札幌市提供)


 眼下に200万都市の大きさを感じられ、この街での生活のスタートにワクワクしたものでした。

 この夜景の魅力を「見える化」しているのが、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローです。同法人が認定する「夜景観光士」約4千人が投票して選んだ「日本新三大夜景」が今年3月25日に札幌市内で行われたイベントで発表されました。


 今回で3回目となるイベントですが、1位には初めて北九州市が選ばれました。2位が札幌市、3位は長崎市でした。札幌市は3回連続で2位と安定した人気を誇っており、毎回「日本新三大夜景」に選出されています。

 ただ、札幌市が上位にいつもランクされているのは、「安定」だけが理由ではないようです。夜景観光コンベンション・ビューローの丸々もとお代表理事に聞きました。「このランキングでは夜景だけでなく、夜景を楽しめる都市を評価しています。夜景を楽しめる場所や商品、イベントなどの新しい取り組みを進めることで、都市が夜景のレベルを上げているかどうか。観賞地点が豊富でコロナ禍でも市民の観光への意欲を高めようとしているか。それらのニュース性が評価のポイントになっているんです」。確かに、夜景の美しさだけだったら数年でそれほど変わるものでもなさそうです。より夜景を楽しめる仕掛けを増やし、多様な夜間観光を可能にしているかどうかという都市の施策の面が、ランキングには強く意識されているようでした。

 札幌市では新たな夜景を楽しめるような仕掛けづくりを新型コロナウイルスの感染拡大中も進めていました。2020年夏からは札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場のリフトの運転を、従来の午後6時までから延長し、午後9時までにしました。その結果、こんな夜景を多くの人が見られるようになりました。

ジャンプ競技場のリフトの上にある、大倉山展望台からの夜景。視線の先に真っすぐに伸びるのが大通公園(札幌市提供)
ジャンプ競技場のリフトの上にある、大倉山展望台からの夜景。視線の先に真っすぐに伸びるのが大通公園(札幌市提供)


 山頂からは正面にライトで照らされた大通公園が見えます。その姿はまるで飛行場の滑走路のよう。見る場所によって異なる姿の夜景が見られることも、大都市・札幌の夜景の魅力なのかもしれません。

 一方で、北海道で夜景と言えば、札幌ではない別の都市がまず頭に浮かびます。函館市です。函館山からの夜景は、神戸市の摩耶山、長崎市の稲佐山からの夜景と並んで、ずっと「日本三大夜景」に数えられてきました。

函館山からみる函館の街の夜景(函館市提供)
函館山からみる函館の街の夜景(函館市提供)


 街の左右に海が広がる独特の地形もあって、函館山の上からは、他の都市にはない素晴らしい夜景を体験することができます。

 しかし、残念なことに「日本新三大夜景」のランキングでは、函館市は毎回順位を落としています。


 2015年は4位だったのですが、18年は6位、22年のランキングでは8位でした。

 もちろん、あまりうれしい評価ではないようです。函館市観光企画課に受け止めを聞くと、「ランキング商法ですからね。目安ではあるけど、それがすべてではないでしょう。何をもって評価しているのかよくわからないし、分析も特にしているわけではありません」とコメント。はっきり言って不服そうです。

 函館市も何もしていないわけではありません。2000年代半ばから、市が一部費用を負担して函館山のふもとにあたる地区の30カ所弱の施設に照明設備を付けるなど、夜景観光を支援してきています。さらに、現地で話を聞くと、実はまだ多くの人に知られていない函館の夜景があることも分かってきました。観光企画課も「年に数回。一番見られるのは6月上旬でしょうかねえ」と思わせぶりです。

 え!?まさに今の時期ですが…。「季節によって、時間によって、函館山は表情が違った夜景が見られるんですよ」(同課)とランキングに現れない価値を訴えていました。

 それにしても、各都市が積極的に夜景の美しさを競っている姿はちょっと驚きでした。どうして各都市は夜景観光に力をいれているのでしょう。直近の「日本新三大夜景」でトップだった北九州市、そして、同じ工業都市として一緒に工場夜景をPRしてきた室蘭市にも話を聞いてみました。

■空港からドーン、北九州市のすごい「夜景推し」

残り:2487文字 全文:4379文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
<デジタル報道チームによる 読み解く>一覧へ
<データ@ほっかいどう>一覧へ
⇒「日本新三大夜景」に札幌市 3回連続で選出
⇒小樽・天狗山で係留熱気球 「ジップライン」と新たな目玉に29日開始

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る