PR
PR

ヒグマ出没増にマチ危機感 道の調査に意見相次ぐ 「公務員ハンター」要望も

 道がヒグマ管理計画の策定に関連して道内市町村に行った昨年の意見照会で、市街地出没時の警察の役割の明確化を求める声が相次いだのは、有効な対策を見いだせない現状を放置すれば人身被害が出かねないという自治体の危機感の表れだ。生息数増加に伴い市街地への出没は増えており、人里での被害の有無にかかわらず残雪期に奥山に入ってヒグマを撃つ「春グマ駆除」を再開し、専門技術を持ったハンターを道や道警に配置してほしいとの声も目立った。

 「市街地で人命を守るのは警察本来の職務だが、そうなっていない。ヒグマの生態を無視した対症療法的な対応ばかりだ」。砂川市は道の意見照会に、ヒグマ駆除を巡る道警の対応に不信感をあらわにした。

残り:1174文字 全文:1622文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒ヒグマ市街地駆除 道内15市町「警察の役割明確化を」
⇒ヒグマ出没情報、危険度3段階で 注意→警戒→市街地なら緊急 札幌市、表現を改善
⇒旭川市、クマ侵入防止へ電気柵 美瑛川河川敷 市街地の被害防ぐ
⇒<デジタル発>辛みや爆音でヒグマ撃退 スプレー、轟音玉…対策グッズに効果アリ!?

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る