PR
PR

「子ども思いな人だった」 被害者の関係者に驚きと悲しみ 帯広の死体遺棄事件

[PR]

 【美幌、北見】帯広市内の雑木林で遺体で見つかった北見緑陵高教諭宮田麻子さん(47)は、4月に同校に異動したばかりだった。宮田さんを知る関係者は突然の悲報に「びっくりした」と驚き、胸を痛めている。

 英語教諭の宮田さんの前任はオホーツク管内美幌町の美幌高。同校勤務時代の関係者によると、同校は毎年、美幌町の友好都市であるニュージーランド・ケンブリッジへ生徒を短期留学のために派遣していた。派遣前には宮田さんが生徒に英語を指導。この関係者は「宮田さんは毎回、特訓授業を頑張っていた」と振り返る。

残り:242文字 全文:589文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒帯広農高教諭の男、女性死体遺棄容疑で逮捕 「穴を掘って埋めた」
⇒憩いの公園で起きた死体遺棄 「恐ろしい」住民動揺 住宅街からほど近く
⇒指導熱心、野球部監督も 死体遺棄容疑で逮捕の帯広農高教諭

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る