PR
PR

ヒグマ出没情報、危険度3段階で 注意→警戒→市街地なら緊急 札幌市、表現を改善

 札幌市は、市内でヒグマが出没した際の情報発信で、人への危害が及ぶ恐れなどを「緊急」「警戒」「注意」と3段階に分けて、より分かりやすく伝えるよう改善した。クマが市街地に現れ、かつ人を攻撃する恐れがある場合などを最も切迫した「緊急」とするなど、場所やクマの行動で緊急性を判断し、市民に注意を促す。

 市は、クマの目撃情報が寄せられた場合、市のホームページのほか、市公式LINE(ライン)やツイッター、スマホアプリ「Yahoo!防災速報」などで発信している。

残り:582文字 全文:926文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒迷いグマ?深川の畑に足跡 川に挟まれ、山林ない平野部になぜ 排水溝伝い移動か
⇒<デジタル発>辛みや爆音でヒグマ撃退 スプレー、轟音玉…グッズに効果アリ!?
⇒威圧や追い払いでクマに「教育」を ベアドッグ導入へ熊森協会が勉強会

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る