PR
PR

北見市の「書かない窓口」視察相次ぐ 申請書不要、一括で手続き

 北見市役所が導入している、市民が申請書などを書かずに住民票などの交付が受けられる「書かない窓口」への視察が相次いでいる。市民にとっては申請書などに記入する手間が省け、行政側も市民への説明が簡素化できるなどのメリットがある。北見の仕組みを導入した自治体も増えている。

 市は2011年度から窓口業務の効率化の研究に着手。「書かない窓口」のシステムは15年度に市内のIT企業「北見コンピューター・ビジネス」と共同開発し、16年度に始めた。

残り:498文字 全文:808文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒今年のホタテは大きい! 北見・常呂で本操業始まる
⇒濃厚ホタテカレーがレトルトに 北見の専門店、管内スーパーで販売へ
⇒「北見ニクマチ」発足10周年 焼き肉文化発信し地域活性化

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る