PR
PR

空自F15墜落「空間識失調」か 乗員2人、機体に異常なし

 航空自衛隊のF15戦闘機が1月、石川県の小松基地から離陸直後に墜落し、乗員2人が死亡した事故で、空自は2日、ともに機体の姿勢を錯覚する「空間識失調」に陥った可能性が高いとする調査結果を発表した。

 空自によると、離陸してすぐに雲の中に入って上昇していた際、機体が異常に右に傾き、高度も下がったのに、空間識失調の影響で、立て直すのが間に合わず墜落したと推定している。機体そのものの異常はなかったと判断した。

 墜落したのは離陸から53秒後。墜落の19秒前から傾き始め、回復操作をしたのは2秒前だった。墜落直前の速度は時速720キロだった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る