PR
PR

スガイディノスが民事再生法申請 コロナ禍で売り上げ減 負債総額23億円

 道内でゲームセンターや映画館などを運営するスガイディノス(札幌)は30日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、受理された。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約23億円。新型コロナウイルスの流行で施設の臨時休業や時短営業を余儀なくされたことによる来店客の減少が響いた。コロナの影響を受けた企業の負債額としては道内最大。

残り:426文字 全文:688文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒ディノス札幌白石ビルを売却 SDエンターテイメント、営業は継続
⇒4月の道内企業倒産16件 コロナ関連が半数超
⇒「会社を存続させるため、終結の方法を知る」 コロナ禍中小企業経営のコツ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る