PR
PR

「平和考える輪を広げたい」 高校生平和大使の道内3人抱負

 連合北海道などでつくる北海道高校生平和大使派遣実行委員会は、核兵器廃絶を目指して活動する今年の「高校生平和大使」に、登別明日中等教育学校5回生(高2相当)の猪俣愛紗美さん(17)、北星学園女子高3年の斉藤あかりさん(17)、札幌聖心女子学院高3年の吉田桜さん(17)の3人を選んだ。3人は28日、札幌市内のホテルで記者会見し、平和への思いを語った。

残り:123文字 全文:400文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒札幌南高書道部、ヨサコイへ気合い 6月9日にパフォーマンス
⇒「海の高校生ユーチューバー」養成へ 函館の団体が7月開講
⇒写真甲子園、聖地開催3年ぶり地元心待ち 東川高生も応募「できれば本戦へ」

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る