PR
PR

ノババックス製ワクチン、6月接種開始 「少ない副反応」選択肢拡大 若年層への浸透期待

 厚生労働省が新型コロナウイルスワクチン用に、国内4種類目として承認した米ノババックス製が6月5日から、道内でも接種できるようになる。副反応が少ないとの報告から、重いアレルギー反応などで既存のワクチンが打てなかった人の使用を想定する。新たな選択肢が増えることで、接種率向上への期待が広がっている。

 「他のワクチンとの交互接種で免疫力が上がると聞いた。試したい」。札幌市南区の専門学生高橋龍聖さん(18)はノババックス製のワクチン接種に前向きだ。

残り:798文字 全文:1104文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒新コロナワクチン「秋にも提供」 モデルナ、オミクロンに対応
⇒ワクチン4回目接種開始 60歳以上や持病ある人限定
⇒<デジタル発>あなたはマスク外しますか?…

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る