PR
PR

争点づくりかわす首相 参院選にらみ守勢貫く 補正予算案衆院通過

 27日に衆院を通過した2022年度補正予算案に関する予算委員会審議では、間近に迫る参院選の公約で岸田文雄首相が目玉に据えるとみられる政策に焦点が当たった。野党は争点づくりをにらみ、具体性に欠けるとの指摘が根強い「新しい資本主義」や、防衛費の増額などを問いただしたが、首相は「今後の議論だ」などとかわす答弁が目立った。

 「内容と金額と、そして財源。3点セットで議論をこれから行っていく」。首相は27日の予算委で、日米首脳会談で表明した防衛費の「相当な増額」の詳細を問われ、こう繰り返した。

残り:708文字 全文:952文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る