PR
PR

小型船救命いかだ義務化 通信手段に携帯認めず/船長選任に基準 国交省方針

 国土交通省は27日、オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」(19トン)が沈没した事故を受け、道内を含む寒冷地の小型旅客船に対し、救命いかだなど乗船者の体が水につからずに救助を待てる設備の搭載を義務付ける方針を明らかにした。カズワンのような小型船と陸上との通信手段に、携帯電話を認めない方針も決めた。船長の選任に経験年数などの基準も設ける。

 方針は同日開いた事故再発防止のための有識者委員会の第3回会合で示し、おおむね了承された。救命いかだについては、国交省がすでに小型船が搭載しやすいサイズの製品開発を国内メーカー2社に要請しており、義務化の時期は開発後すみやかに決める。

残り:540文字 全文:949文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒知床の観光船沈没、首相「国交省、責任を十分果たせず」 衆院予算委
⇒えい航中落下、作業に不備か 国交相示唆 知床・観光船事故
⇒ウトロの小型観光船3社の監査を開始 6月3日めどに結果公表 北海道運輸局

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る