PR
PR

観光船カズワン、作業船上に引き揚げ 網走港で29日にも陸揚げへ

 【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU I(カズワン)」(19トン)が沈没した事故で、専門業者の作業船「海進」(2973トン)は27日未明、カズワンの船体を海進の船上に引き揚げた。海進は同日午後にも網走港に入り、陸揚げ作業の準備を進める。

 第1管区海上保安本部(小樽)は、船体の損傷状況などを詳しく調べ、沈没原因の究明を本格化させる。

残り:430文字 全文:698文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒つり上げ難航11時間 潮流速く大幅遅れ 知床・観光船事故
⇒えい航中落下、作業に不備か 国交相示唆
⇒知床の観光船沈没、首相「国交省が責任果たせず」 衆院予算委で認識

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る