PR
PR

えい航中落下、作業に不備か 国交相示唆 知床・観光船事故

 斉藤鉄夫国土交通相は26日の衆院予算委員会で、知床半島沖で沈没した小型観光船「カズワン」がえい航中に海底に落下したことに関し、船体をつり上げたベルトの張り具合などを「(えい航していた)事業者が常時監視していなかった」と述べ、作業に不備があった可能性を示唆した。

残り:141文字 全文:272文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る