PR
PR

道内キッチンカー活況 飲食チェーン参入続々 コロナ禍で新たな販路開拓

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で繰り返し休業や時短営業を余儀なくされてきた道内飲食チェーンが、キッチンカーを使った販路拡大に乗り出している。コロナ禍で需要が増えた持ち帰りを強化し、知名度向上や売り上げアップを目指す。

 焼き鳥店「串鳥」を展開する札幌開発(札幌)は4月下旬、札幌市内のドラッグストア駐車場やイベント会場で、キッチンカー2台を使った営業を始めた。

残り:789文字 全文:1054文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒「大沼ホリデイキャンプ」楽しんで 6月11、12日
⇒苫小牧の市街地再生、食と音楽で 3会場で秋にイベント
⇒町のキッチンカー初出動 ジャガイモ料理提供 遠軽

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る