PR
PR

山中に古井戸? 山菜採り中に女性転落 深さ10メートル、丸1日たち救出 深川

 【深川】ウドを採りに沖里河山(おきりかわやま)に入った高齢女性が深さ約10メートルの穴に落ち、丸1日たった23日に救出された。なぜ山中に深い穴があったのか。深川署は「古い井戸ではないか」とみている。山菜採りシーズンは最盛期を迎えており、深川署は「山には何があるか分からない。携帯電話を常に所持するなど、準備をしっかりしてほしい」と呼び掛けている。

 深川署によると、女性は1人で22日正午ごろ、道道深川豊里線の脇に車を止め、すぐ横の山に入った。翌23日の午前11時10分ごろ、女性の夫が「妻が帰宅していない」と深川署に来て相談。警察や女性の家族などで捜索したところ、午後1時20分ごろ穴の中から声がするのに気付き、約1時間後に消防が救出した。

残り:514文字 全文:932文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒クマ遭遇の釣り人をヘリで救出 別海・風蓮川、危険で近づけず
⇒山菜採り遭難相次ぐ 千歳・恵庭 携帯電話持ち複数行動を
⇒山菜採りシーズン、有毒植物に注意 小樽市保健所がハンドブック配布

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る