PR
PR

ピヴォ来年5月閉館 札幌 複合ビル26年開業方針

 札幌・大通地区の商業ビル「ピヴォ」(中央区南2西4)が2023年5月中旬に営業を終了することが25日、分かった。所有する商船三井グループのビル賃貸大手ダイビル(大阪)によると、隣接する同社所有の「ペンタグラムビル」「ダイビルピヴォ南館」(旧桂和MTビル)とともに、23年中に解体を始める予定。跡地を一体開発し、早ければ26年に商業施設やオフィス、ホテルが入る複合ビルを開業する計画だ。

残り:323文字 全文:703文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒ビックカメラ、東急に移転へ 来夏の札幌エスタ閉館受け
⇒札幌中心部 変わる風景 新幹線延伸見据え再開発続々 コロナ禍 供給過多に懸念
⇒<いんたびゅー>札幌・ピヴォ跡地を再開発 ダイビル社長執行役員・園部俊行さん
⇒札幌の「ピヴォ」周辺再開発、30年度末までに開業
⇒ダイビルが「ピヴォ」買収 札幌 隣接ビル含め再開発検討か
⇒<特集>札幌再開発マップ いま何の工事中?

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る