PR
PR

中国包囲網鮮明に クアッド首脳会合 ウクライナ侵攻で危機感

 日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国の枠組み「クアッド」は24日の首脳会合で、東・南シナ海で覇権的な動きを強める中国を念頭に対峙(たいじ)する姿勢を前面に押し出した。ロシアのウクライナ侵攻のような「一方的な現状変更」を東アジアで起こさせないとの危機感から、安全保障分野を含む対中包囲網の構築を急ぐ考え。日米豪とロシアに近いインドとの間で温度差もある中、日本は4カ国の結束アピールに腐心した。

 岸田文雄首相は、会合後の記者会見で「力による一方的な現状変更を、いかなる地域でも許してはならないとの4人のコミットメントを東京から発信できた意義は大きい」と強調した。

残り:1023文字 全文:1394文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒韓国、クアッドと協力模索 将来の参加も視野
⇒中国・ロシアの爆撃機が共同飛行 クアッド会合当日、示威行動か
⇒日米豪印、違法漁業監視へ 首脳、開かれた太平洋実現で協力

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る