PR
PR

除雪費2億1000万円減 函館市21年度12、2月 降雪少なく 作業日数は12日減

 函館市の2021年度の除雪費(4支所管内を除く)は、前年度比2億1千万円減の6億700万円となった。12月から3月までの累計降雪量は前年度とほぼ変わらなかったが、雪の降り始めの12月や積雪が深くなる2月にまとまった雪が少なかったことが要因とみられる。除雪日数も前年度に比べて12日少なく68日間だった。

 市の車道除雪は、連続して10センチ以上の降雪量になった時や、午前7時までに同程度の降雪量が予想される場合などに実施するほか、市民からの要望を受けて市が道路状況を判断して行っている。

残り:407文字 全文:650文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る