PR
PR

中国・ロシアの爆撃機が共同飛行 クアッド会合当日、示威行動か

 防衛省統合幕僚監部は24日、中国のH6爆撃機とロシアのTU95爆撃機が同日午前から午後にかけて、日本海と東シナ海、太平洋の長距離を共同飛行したと明らかにした。中国からはH6が2機と中国の同機種と推定される2機の4機、ロシアは2機が入り、計6機が飛行した。日本周辺で中ロの同様の行動が確認されたのは昨年11月以来。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。

 岸信夫防衛相は「クアッド」首脳会合の東京開催当日の飛行だったとして「開催国たるわが国に対する示威行動を意図したもの」と強調し、両国に対し外交ルートを通じ重大な懸念を伝達したと明らかにした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る