PR
PR

「北海道最西限」到達したら証明書 奥尻島観光協会が発行

 【奥尻】檜山管内奥尻町の奥尻島観光協会は今月から、「北海道最西限到達証明」の発行を始めた。島内の北追岬が無人島の渡島大島を除いて道内で最も西に位置することをアピールし、記念品として持ち帰ってもらうことで、さらなる来島を促す狙いだ。

 北追岬は北緯42度9分、東経139度24分にあり、北追岬公園内には「最西限」を示す標柱を設置している。証明書はこの標柱を撮影し、奥尻フェリーターミナル内の同協会窓口に提示すると200円で発行する。

残り:180文字 全文:533文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
青苗遺跡から出土 勾玉の「謎」解明へ 奥尻町教委、1年かけ
HAC機材更新、奥尻島民に思わぬ影響 週末便、函館→丘珠発着に変更 「不便」の声
奥尻島に道外ツアー客熱視線 夏の受け入れ昨季の倍以上 海外控え「離島」注目
奥尻の養殖イワガキ島外販売 6月から函館、札幌へ出荷

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る