PR
PR

経団連、米TPP復帰に期待 「IPEFが足掛かりに」

 経団連の十倉雅和会長は23日の記者会見で、米国主導で発足し日本も参加した新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」に関し、「環太平洋連携協定(TPP)に戻ってくる足掛かりになる」と述べ、米国の復帰を期待した。

 経済同友会の桜田謙悟代表幹事は、IPEFについて「価値観を共有する国々がルールに基づき、持続可能で安定した経済活動を行う基盤となることを期待する」との談話を発表した。

 十倉氏は、IPEFは米国の「自由で開かれた経済圏、国際社会をつくる意気込みの表れだ」と指摘。日本の参加で「東南アジアの国々の背中を(参加へと)押すことになればいい」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る