PR
PR

<書評>AI研究者と俳人 人はなぜ俳句を詠むのか

川村秀憲、大塚凱著

「作句」と「読み」の本質に迫る
評 堀本裕樹(俳人、文筆家)

 AIが俳句を作ることに、私はさほど興味がない。人間が不在で感情がないからだ。創作の根本的なパッションが欠落している。だが、なぜ人間=「AI一茶くん」の開発者が、人工知能を駆使して俳句を作らせようとしているのかには興味があった。本書は私の疑問に充分答えてくれた。いや、それ以上に、なぜ人間は俳句を作るのか、私自身の十七音の言葉はどこから湧き上がってくるのかという問いを突き付けられた。そして感情のないAIが、「やがては、『悲しさ』の本質や機微を知ったうえで『悲しき』という語を使い、さらには、別の語で『悲しさ』を表現できるようになるかもしれません」というAI開発者の発言に、AIによって本格的な俳句が作られる日が、いつか訪れるかもしれぬ未来を感じた。

 AI開発者・川村秀憲氏と俳人・大塚凱氏との対談で構成された本書は、二人の理知的で息の合った問答によって、人工知能のディープランニングを用いて俳句を生成する意味や意義を深く掘り下げていく。その過程で重要な局面を一つ挙げると、「エンコード(符号化)」と「デコード(復元)」という情報科学の用語を、「作句」と「読み」に置き換える場面であろう。エンコード=作句、デコード=読みと置換し、さらにエンコードする作者、デコードする読者と敷衍(ふえん)しながら、人間が俳句を作り、その句がどう解釈されていくのかという本質に触れてゆく。その相関関係の上で「AI一茶くん」を作者とした場合、どのように関係性が変化するのかを二人が探求する。作者と作中主体の問題をはじめ、二人の意見交換が非常にスリリングに展開されるのだ。

 私は本書を読みつつ、「AI一茶くん」が作る句に妙に惹(ひ)かれだした。たとえば「夢に見るただの西瓜(すいか)と違ひなく」という大塚氏が選んだ一句など、不思議な哀愁を感じる。AIは夢を見ないだろう。西瓜を見たことも触ったこともない。しかし、「夢に見る西瓜」と「実物の西瓜」との差異はないと断定的に述べる。AIの悲哀の滲(にじ)みをこの句に感じる私は、やはり人間なのか。(dZERO 2090円)

<略歴>
かわむら・ひでのり 1973年生まれ。AI研究者。北大大学院情報科学研究院教授。「AI一茶くん」を開発/おおつか・がい 95年生まれ。俳人。「ねじまわし」発行人

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る