PR
PR

維新行列、吹奏楽…沿道に笑顔 箱館五稜郭祭 通常開催「楽しさ戻った」

 箱館戦争の歴史を伝える第53回箱館五稜郭祭が22日、2日間の日程の最終日を迎えた。過去2年は新型コロナウイルス禍を受け、規模縮小を余儀なくされたが、この日は函館市内を舞台に、3年ぶりに箱館戦争当時の衣装で練り歩く維新行列や吹奏楽パレードが行われた。沿道は市民や観光客でにぎわい、同祭を支える関係者に笑顔が広がった。

 午後1時に始まった吹奏楽パレードには函館地区吹奏楽連盟の中学、高校計4団体223人が参加。千代台公園から行啓通りを経て五稜郭公園まで、力強い音を奏でながら行進した。後に続く維新行列は行啓通りで戦闘シーンを再現。初めて見たという函館・八幡小2年の藤井宥磨君は「大砲の音にびっくりした。土方(歳三)がかっこよかった」と目を輝かせた。

残り:336文字 全文:659文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る