PR
PR

旧日銀釧路支店 活用策は 市、カフェなど実現性調査へ

 釧路市は、所有する旧日銀釧路支店(大川町2)の活用に向け、市場調査を始める。昨年実施した意見募集で市民から寄せられたカフェや賃貸オフィスなどの活用策の実現可能性を調べるのが目的。市は調査業務の委託先を募っている。

 幣舞橋のたもとにある旧日銀釧路支店は、1952年に完成した鉄筋コンクリート造り地下1階地上2階建てで、延べ床面積は約3700平方メートル。日銀釧路支店は2013年に現在の幸町9に移転している。市は16年に旧支店を取得。これまで建物外観の保存やライトアップなどをしてきたが、昨年10~11月に実施した意見募集で市民らから25件のアイデアが出されたことを受け、新たな活用方法を検討することにした。

残り:166文字 全文:470文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る